読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬猫豆知識予備校~♪

犬や猫の飼い主さん!日頃の飼い方で悩んでいませんか?このブログではペットショップで働いた経験のある管理人が色々な豆知識を披露します。

愛犬チワワ 初めての手術!

我が家の愛犬チワワ君が 5歳くらいの時のことです。
とても元気で 毎日家の中を駆け回っていました。リビングのソファーや寝室のベッドにも まるで助走をつけているかのように全速力で走って飛び乗ったりしていました。
本当は チワワのような小型犬は華奢な体ですので フローリングの床で滑ったり 高いところに飛び乗ったり飛び降りたりするのは とても危険なのですが 元気一杯の仔ですので 「僕ってすごいでしょ!」とでも自慢するかのように 得意げに走りまわることがよくありました。
そんな毎日を過ごしていたある日 いつものように走りまわっていた時 急に「キャン!」と声を上げてうずくまってしまったのです。私が驚いて抱き上げようとしても 余計に「キャン!」と吼えて震えているばかりでした。
これは大変なことになったと思い かかり付けの動物病院へ連れて行きました。
その時に診断された病名は 「膝蓋骨脱(しつがいこつだっきゅう)」」というものでした。これは膝のお皿の部分である「膝蓋骨」という骨が太ももの骨から外れてしまうものだそうです。チワワのような小型犬に多く 軽度の場合は自然に治ったりするそうですが うちの仔の場合は完全に脱臼してしまっているため 手術という選択しかありませんでした。
私がもっと注意してあげていればと後悔ばかりこみ上げてきて 愛犬には申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
その日の内に手術となり 一週間くらいは入院が必要ということになりました。
夕方に病院へ行ってみると 手術も無事にすみ安心して私は家に帰ったのですが 次の日にまた行ってみると「手術の結果は 順調に良くなっていますが まったくご飯を食べてくれなくて・・・いろいろ手をつくして上げたりしているんだけど。それにオシッコも漏れてしまうまでしようとしないんですよ。」と獣医さんが困り果てていました。
確かに うちのチワワ君は人見知りが激しくて 私がどうても外出しなくてはならない時に 一日ペットホテルに預けた時も 同様に言われたことがありました。
でも まだ手術したばかりで経過観察をしなくてはならず 取りあえずその日は入院させて帰りました。
次の日また病院に行ってみると 「やっぱり食べないし おしっこもウンチもしてくれません。」と言われ こういう状態で入院していてはかえって良くないという事で とうとうその日に家に連れて帰ることになってしまいました。
まだ足にはぐるぐる巻きに包帯をしているのですが 家に帰ってケージに入れると 急に元気になり いつものドッグフードと茹でたささみをあっと言う間に食べてしまい その挙句の果てには 立派なウンチとおしっこまでしてくれたのです。
先生もお手上げしてしまった超内弁慶な愛犬ですが これからも元気にずっと一緒に暮らせるように 私ももっと気をつけてあげなくてはと おおいに反省した出来事でした。

膝蓋骨脱臼は飼育環境やだっこの仕方など飼い主さんの配慮がとても大切だそうです。

xn--n8j6de3jol4azj847yn21h.com

カーペットやラグマットなどで滑り難くしたり、なるべく2本脚で立たせないなどなど。あとは食事も重要のようですね。

早速私もフローリングにタイル型のマットを敷きました。

今後は愛犬が元気にすごせるよう、私もしっかりとしていきたいと思います。